代表のこと


愛和有紀(Yu-ki Aiwa)

1990/01/23 

北海道札幌市在住

 

好きなもの・こと

・モノづくり全般

・かわいい系のキャラクター(星のカービィ、すみっコぐらしetc…)

・スキマスイッチ(ファンクラブ入ってます)

初めまして。

「よんショク」ページをご覧頂き、誠にありがとうございます!

代表の愛和有紀です。

 

私は、幼少期から絵を描く事が好きで、ずっと「絵に関する仕事がしたい!」と思っていました。

デザイン系の大学を受けるも、技術と頭が足りなくて、3カ所受験したんですけど、全部見事に落ちました(笑)

札幌市の建築大学に通っている時に、「ハンドメイドの出店イベント」の情報を手に入れて、そこからハンドメイドや物販販売への道を進み始めました。

試行錯誤しながら、絵を描いて、お客様が立ち寄ってくださって、色々な方々に出会いました。

そこで、よく耳にした言葉が「美大に行ってないとこういう雑貨を創る事が出来ない」とか、「たくさんの画材を使いこなせないとプロのような絵は描けない」とか…そういう”思い込み”をしていらっしゃる方が非常に多かったです!

なので、今のスタイル【四色アート】を確立致しました。

”基本の三原色の赤・青・黄色に白を足した四色のみ”で、”美大に落ちた私”が皆様の前で自ら描いたイラストを物販にして販売している…

そこで、絵を描いてる・絵を描くのが好きな子ども達や、絵を描くのはハードルが高い・難しいと思い込んでる大人達へ、「最小限の知識と道具があれば、絵は描ける!」というのを私のキャラクター【しろくまとうさちゃん】に乗せて発信しています。

どうぞ、お手に取って「これが四色だけで描いたイラストなんだ!」というのを感じていただけたら幸いです。

 

また、ボディケアやメンタルケアに関しても、私のキッカケは、イラスト関係の職場に就いた友達が、1年でなんと20kg増えた、と言っていた所からでした(笑)

「絵を描いて、動かずにいたら確実に太る!太りたくない!」という一心で、「インドアな私でも手軽に簡単に続けられるボディケア」を学ぼう、修得しよう、と思って出会ったのが【さとう式リンパケア】でした。

札幌市内で全国展開しているサロンなどに務めていたのですが、そこで感じた事は「施術者が一番しんどい」という現場。

肉体労働、不規則な就業時間、ホルモンバランスの乱れからの婦人家系の病気などなど…

従業員の身体が一番ボロボロだという現状。

力を入れて、体重をかけて、身体のすべてを駆使して行う手技は、やはり長くは続けられません。

手が壊れたり、身体が壊れたりして辞める従業員が後を絶ちません。

そんな現場をみてきたからこそ、選んだものが【さとう式リンパケア】です。

技術者がまず、身体を緩ませて自分の身体に負担をかけずに施術しなければなりません。

と、いうことは「長く続けていても、身体を壊す事なく、健康な状態で自分もお客様にも施術できる」ということになります。

お客様はもちろんのこと、癒しの現場で働いて心身共に疲労している従業員の方々にこそ、私はもっと【さとう式リンパケア】を伝えて行きたいと思っています。

身も心も削って、お客様に与えられる優しさやパワーを、自分のために使って頂きたいのです。

 

そのためにも、自身のメンタルケアがとても重要になってきます。

そこで、【勾玉セラピー】も修得して、潜在意識から変えて行く事で、意識の中から自分を変えられる…

自信を持てないなど、自己否定を続けて、自分を置き去りにしているばかりでは、良い施術は出来ません。

【勾玉セラピー】の優れている点は、「いつでも意識の統合ができること、意識のセルフケアが簡単にできる事」です。

不安だったり、良くない出来事が起こったとしても、すぐに意識を統合してしまえば、安心できる。

そこから、出来事の意味を知るキッカケがあったり、与えてくれる人に出会えたり…

全てを否定的にとらえる事なく、「こういうことだったんだ」と腑に落として考える事ができるようになったので、精神的ストレスが驚くほど緩和されました。

 

本当に人を癒したり、伝えられるように、「心身ともに整える事」が重要だと私は確信しています。

私の施術やセッションで、少しでも多くの方が自分自身の「生かされている」という大切さに氣付くキッカケになれれば幸いです。

 

◯資格修得◯

 

◆さとう式リンパケア初級

◆さとう式リンパケア上級

◆MRT基礎講座

◆MRT応用講座

◆さとう式リンパケアインストラクター

 

◆英国式リフレクソロジー

 

◆ナチュラルフードコーディネーター

◆インナービューティーダイエットアドバイザー

 

◆勾玉セラピスト